Cartesian To Polar Grayscale 回転体を作成してくれるノード

トランスフォームのCartesian To Polar Grayscaleは繋げたノードに回転体を適用してくれるノードです。

サンプル事例

StripesにCartesian To Polar Grayscaleを繋げると横に伸びるストライプの画像が360度回転するので円が連なった画像を作成する事が出来ます。

Stripesは太さや数を変更出来るので円が連なった画像を調整する事が出来ます。

完成画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です