CGデザイナーが転職するのにオススメなのはどのエージェントなのか実際に行ってきた口コミを書きました。

 

CGデザイナーとして転職したいけど、今より給料が良くて残業時間が少なくて待遇の良い会社は一体どこに行けばいいんだろうとネットの情報を見るだけでは今現在の会社の内情を知ることも出来ないし、企業の採用情報を見ても一体どんな待遇で現場の人は働いているのかまでは知ることが出来ません。

 

そんな時に使えるのが転職エージェントです。

 

エージェントを使うと何が便利なのかはこちらのページでまとめていますが、ネットの情報だけではなく実際にエージェントを使ってみて、どこのエージェントが良かったのかまとめた感想を書きました。

CGデザイナーが転職する場合は、転職エージェントを絶対に使ったほうがお得な理由を詳しく解説!

 

マイナビクリエイターはやる気次第で直ぐに仕事が見つかるかも

公式サイト マイナビクリエイター

 

マイナビクリエイターはyoutubeの動画を見ていても広告に出てくる大手求人会社だったのでネットで調べてみたら、CGデザイナーの仕事も多かったんですが、よさげな内容の会社が非公開求人だったので、どんな企業か教えてもらいたかったので応募しました。

担当の人は30歳ぐらいの男性で、「ネットで見たCGデザイナーの仕事を紹介してほしいです」と言ったら似たような内容の書類を含めて16社も持ってきてくれました。

担当の人に過去に働いていたときのポートフォリオを見てもらいながら話していたら、これだけの実績があるんだったら結構受かると思うよ。と前向きな発言をもらって喜んでいました。人柄的にもいい人そうでめちゃくちゃうまい感じで誘導され、「今だったらここの会社は働きやすいって有名ですよ」とネットでは知りえない情報をもらったので、後日そこに面談しに行くことになりましたが、担当エージェントの人は大丈夫だよ!受かるよ!と背中をプッシュしてくれたのに、次の日には「お断りの連絡が来てしまいました。。」とあえなく落選。

あれだけプッシュしてくれていたのは一体なんだったんだ?と思ったものの、どうやら残業をあまりしたくない事を伝えていたのがネックになっていたそうです…。だったらそれを教えてくれれば …

担当の人は多くの人とやり取りしているので、一人ひとりに掛ける時間がおろそかになっている印象がありましたね…。行ったときにも入れ替わりで次に人が待っていたし。

その後もメールや電話で「その後どうですか?」というしつこい勧誘は1度もありませんでしたが、見放されちゃったのかなと少しさびしく思うぐらいです。

何かあったらいつでも連絡してくださいと言われたので、こちらからアポをとれば仕事を紹介してくれそうな雰囲気はありますが、向こうからは動いてくれない印象でした。

マイナビクリエイターで仕事を探してみる

 

ワークポートはCGデザインに限らず幅広い職種が用意されている

公式サイト ワークポート

 

転職活動をしていると1度は目に入るワークポートの広告。電車の中吊りでも広告が貼られていたりと国内でも色々な場所に支社がある大手のエージェント会社で、CGデザイナーのサイトでも色々と紹介されていたので1番最初に受けに行った会社です。

ネットから応募すると空いている日にちを指定して直ぐに面談してくれる事が決まり次の日には大崎の本社に行きました。

大きなビルに圧倒されましたが、中に入ると重厚感のある室内には無数の小部屋が用意されており多くの人が出入りしていて、凄い場所に来てしまったと思ったのは今でも覚えています。

ワークポートでは全ての仕事が正社員しか扱っていないので派遣や、紹介予定派遣の仕事は一切ありません。

担当してくれたのは25歳前後の若い男性で少し頼りなさがありましたが、CGデザイナー系の職種を希望していたので、自己紹介を終えたら10分ぐらい待たされて求人を10社程持ってきてくれましたが、若い担当の人はそこまで仕事を紹介する気が無いのか、質問をしたら返ってくるけど、新しくどんな仕事をしたいのかなど聞いてこないし、どこの会社がオススメなのか聞いても「大体CGデザイン系の仕事はどこも残業がありますよ」の1点ばりで緊張しているのかずっと真顔で愛想が悪かった..。

よくよく調べてみると、ワークポートはCGデザイナーの仕事に特化しているわけではなく、飲食やサービスなど色々な仕事を扱っているので、担当の人もCGデザインの事を詳しく聞かれても分からなくて仕方がないと思いました。

業界大手だけあり多くの人が出入りするので、しつこく「今直ぐに転職しましょう!」とも言われないので、ネットで色々探すのが面倒な人が自分の代わりに、非公開求人含めて仕事を探してもらってその中から自分の行きたい会社を選んで気軽に応募するのに使えます。

ワークポートで仕事を探してみる

 

シリコンスタジオエージェントは未経験の人でも働けるチャンスがある

公式サイト シリコンスタジオエージェント

 

シリコンスタジオエージェントは親会社がシリコンスタジオと言われるソシャゲーや自社ソフトを開発していますが、その業務の一環として人材紹介業務もやっています。

ゲーム業界の仕事を数多く取り揃えており、派遣、契約社員、正社員など色々な働き方の仕事を紹介してもらえます。

大手のゲーム会社は新卒で入らない限り中途で入る事は厳しくなりますが、そんな時でも派遣からだと中に入ってそのまま仕事ぶりが評価されれば正社員として雇用してもらう事も出来るのが魅力です。

また、色々な働き方が出来るので未経験者でも熱意があれば最初は簡単な仕事から働かせてもらう事が出来るので、「CG学校に通って勉強してから」なんて事をしなくてもいきなり実践的に仕事をしながら勉強してお金をもらう事が出来る会社もあります。ただしそういう時は大体雑用だったり、だれもやりたがらない仕事が多いですが、それをこなしていれば認めてくれることもあるんです。

担当の人はゲーム業界の話に詳しいわけでもなく、以外と普通でしたが最近はアンリアルエンジンを使える人を欲しがっている企業が多い事など、どんな技術が必要なのか教えて貰うことが出来ます。

シリコンスタジオエージェントで仕事を探してみる

 

 

ITとwebに特化しているギークリーは数撃ちゃ当たる作戦

公式サイト ギークリー

ギークリーは3DCG・IT・webの仕事に特化しているエージェント会社です。

転職者限定のエージェントなので新卒者は仕事を紹介してもらう事が出来なくて正社員だけの求人を紹介してくれます。

担当してくれた人はこの道のベテランの人で眼力が強くていかにも営業さんという話し方。バリバリ押し切るタイプの人だったんですが、それぐらい熱量のある人じゃないと確かに仕事を受けてみようという気にならないなと思いました。企業とのコネもあるそうでどの企業がおすすめなのか教えてくれました。

映像やゲームなど幅広い求人数を見せてもらう事が出来て、相談に行くと1回の面談で20社の求人を見せてもらう事が出来ましたが、本当はもっとあるよと言われましたがとりあえずお断りしました^^;

ギークリーの考え方は、自分の行きたい会社をとことん調べて応募するやり方ではなくて、とにかく内定をもらえなければ、いくら会社を選んでも意味がないので、少しでもいいなと思った企業があればポートフォリオと履歴書に職務経歴書をPDFでまとめて担当エージェントに送れば、エージェント経由で企業に書類を送ってくれるので後は面接に行きまくって内定を勝ち取り、沢山内定をもらった中から後でじっくりどんな企業なのか調べて行きたい会社を決めるという方法を取ります。

人によってはこの方法を嫌がる人もいますが、大学を卒業して就職活動する場合も期間中に大手企業を沢山受けて内定をもらった中から会社を選ぶので企業側に迷惑をかけてしまうわけでもなくごく一般的な就職方法なんです。そもそも内定の書類が送られてくるとそれに正式な給与や待遇が書かれているので、それを見て働くか決める事になるので、内定を蹴る事なんてごく普通の事なんです。

大体転職活動を始めるとほとんどの人は2週間ぐらいで仕事が決まると話していたのでスピーディーに仕事を決めたい人にはオススメ出来るエージェントです。

ギークリーで仕事を探してみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です