3DCGパソコンの選び方!プロが学生さんにパソコンの選び方詳しく教えます

けんすけ

パソコンをこれから買おうと思っている学生さんにどうやってパソコンを購入したらいいのか教えたいと思います

3DCGデザイナーとしてCG専門学校に通う事になった時に、家でも3DCGの勉強をする為にバイトをしてパソコンを買いましが、パソコンは値段が高くて人生で初めて10万円以上のお金を自分で払って購入した物で10年以上経ったいまでもあの時の事を覚えています。

当時は100万円ぐらいの価値に感じて身震いしながら買ったので高級なスポーツカーでも買った気分でした。

けんすけ

あの時の10万円と言えば1年間は遊んで暮らせる金額だったからね(笑)

大体10万円ぐらいあればいいかなと漠然とした理由からアルバイトとお年玉で貯金したお金を持って駅から近いという理由だけでツクモ電気に行き「MAYAとフォトショップのソフトが動くのはどれですか?」と漠然とした質問をして10万円以内のパソコンをその場で買いました。ろくに調べもせずによくあんな行動を取れるなと今ならツッコミ満載です。

今は7台以上のパソコンを購入してある程度用途にあったパソコンを選ぶ方法が分かってきたので、初めてパソコンを購入しようと思っているけど、どんな性能のパソコンを買えばしっかり動くのか説明したいと思います。

そもそもパソコンはパーツが多くて、素人にはどれがいいのか説明されてもすぐには理解するのが難しいです。

プロのCGデザイナーでも1つ1つのパーツがどんな役割を持っていて、どのパーツを使うとパソコンを早く動かせるのか把握している人は少ないです。パソコンオタクではない限り知らない人が大半で、CGデザイナーとして働くならパソコンの性能を勉強するより人間の筋肉構造だったり背景デザインや配色センスなど勉強したほうが断然役にたちます。

 

3DCGを勉強するならMAC?Windows?

けんすけ

macはかっこいいけど、3DCGには全く向いてないから間違っても買わないほうがいいです。どうしてもほしいならサブ機として買ってください。ブログやネットサーフィンしたりするならマックは軽くて便利なので使っています。 
Mac  Windows
CGソフトが不安定 MAYAやBlenderが安定して動作
対応ソフトが少ない 対応ソフトが多い
値段は高いのにグラボがしょぼく性能が低い 値段が安くてハイスペックなのでハイエンドゲームもプレイ可能
軽くて薄い 重たくて分厚い
静か 騒音がとうるさい
デザインがおしゃれ デザインが無骨

 

「カフェでおしゃれにmacを開いてCGを操作したら楽しそう」

「大学デビューはmacでしょ」

 

駄目です。macは3DCGデザイナーに全く向いていないので買ってはいけません。3DCGデザイナーとしてゲームや映像制作の仕事をするならwindowsを買ってください。

 

CG会社はWindowsで仕事をします

けんすけ

99%のCG会社はwindowsで仕事をしますよ〜

就職したら全てのゲーム系から映像系のCG会社はwindowsを使って仕事をします。

 

windowsとmacはキーボードのショートカットも違うしフォルダの使い方も違います。

いざ就職した時にwindowsに慣れていないとスタートダッシュを切る事ができないので最初からwindowsに慣れていた方が早く仕事をすることが出来ます。

会社に入れば決められたパソコンを支給されるので、たとえ性能が悪くてもそのパソコンを使い倒して頑張るしかありません。転職して受け入れ態勢が整っていないと前の人のお古のパソコンがそのまま引き継がれる事があるんですよねー..。データもぎっしり残っていて辛い事が…

macはグラフィックカードの性能がしょぼい

けんすけ

macは値段が高いのにグラボがしょぼくてCGに使えないし高画質でゲームプレイも不可能だから軽いのしかできません

今でこそmayaもzbrushもmacに対応していますが外部プラグインがmac非対応で対応ソフトが今でも動かない事があります。

パラレルデスクトップでmacでもwindowを動かす事ができますが、動作が重たくて、macのパソコンはグラフィックカードにRadeonが搭載されていますが、CGの描画がしっかりされずに操作がおぼつかない事が多々あります。

windowsだと選択出来るNvidiaのGeforceやQuadroのグラフィックカードを選ぶ事ができないので、macではsteamの高グラフィックゲームをプレイする事が出来ません。FF15とかプレイ不可能です。

mayaを使って簡単なモデルを作るだけだったらmacでも動作しますが、仕事となると大量のオブジェクトを表示する事もありますが、データが表示されなかったり、マテリアルの色が変わらなかったりと予期せぬ不具合が発生する事が多くなります。

予期せぬエラーが発生すると、「あれ…?しっかりテクスチャを貼ったはずなのにテクスチャを貼り忘れたのかな?」「それともバグなのかな?」調べる手間が掛かるので余計な時間ロスが発生します。

フォトショップやイラストレーターなどの軽いソフトしか使わないならmacでも問題ありません。
DTP関係に写真を編集するレタッチやwebの仕事をするデザイナーさんはmacを使う人が多くいます。

値段が高くて話題になるからmacの方が性能が良さそうに見えますが、実際は値段は高いですが性能が低くwinows搭載パソコンの方が性能が良いのに値段が安いんです。

けんすけ

3DCGデザイナーとしてプロを目指すならまずはwindowsパソコンを選んでください。

windowsが搭載されている、どのパソコンを買えば良いの?

けんすけ

windowsのパソコンならBTOパソコンを選んでください。

windowsパソコンを選ぶことはわかったけど、それでは「どのパソコンを買えば良いの?」「沢山あってどれが良いのか分からない」と悩みますが、お得に購入できるのがBTOパソコンです。

BTOパソコンとは色々なパーツを組み合わせて販売しているパソコンの事で、有名な会社はマウスコンピューターやドスパラにパソコン工房やツクモ電気などがあります。

 

BTOパソコンメーカー
マウスコンピューター
ドスパラ
 パソコン工房
ツクモ電気

各BTOメーカーはわかりやすく「クリエイター向けパソコン」としてカテゴリー分けして販売していますが、その中でも値段が色々あります。

それはパソコン内部に入っているパーツによって値段が変わっているんです。

パソコンの中には複雑なパーツが沢山入っていますが、一体何が大切なパーツなのか知らないとパソコン購入時に損をする事になるので、大切なパーツにポイントに絞ってまとめました。

3DCG用のパソコン選びで大切なパーツ

けんすけ

グラフィックカード選びを間違わなかったら大丈夫!!

グラフィックカード選びは大切!

 

色々なパーツが集まり複雑そうなパソコンですが、3DCGを操作する上で1番大切なのはグラフィックカードです

グラフィックカードは通称グラボ(BTO)と言われ、ゲームやCGを使う上で大切なパーツです。

グラフィックカードの性能が良いとゲームのFPS数値が上がって遅延なくプレイ出来たり、3DCG操作中に大量のポリゴンモデルを配置してもしっかり表示する事が出来ます。最近では3DCGソフトでもグラボを使ってレンダリングする事も多くなってきたのでより重要度が強くなっています。

グラフィックカードの性能=CGソフトの快適具合です。それぐらい大切なパーツです。

グラフィックカードは2種類ある

グラフィックカードにはGeforceとQuadroの2つの種類があります。
macにはこの2つを選べないので買わないほうが良いと先程も書きました。

グラフィックカードの種類
Geforce(ジーフォース) Quadro(クアドロ)
値段が安い 値段が高い
PCゲームに有利 FPS数値が高い PCゲームに不向き 動作がカクつく
最近はGeforceも安定している 3DCG動作が安定していると昔から言われてる
ゲーム系制作向き 映像系制作向き

一見同じような見た目ですが、性能は違うので間違えないでください。

昔は3DCGなら不具合が少ないQuadroと言われました。パソコンとソフトがあるから必ず表示されるとは限らないんですよ… 

最近は値段が安くて安定して動作する事からGeforcfeを選ぶ人も増えています。

QuadroのグラボはゲームをしてもFPS数値が低いですが、GeforceのグラボはFPS数値が高いのでサクサクプレイ出来ます。

昔からずっとQuadroを使っている人は「CG操作には絶対Quadro!!」と昔の名残で言い張っている人もいますが、ゲーム系には弱くUnrealEngineやUnityなどのゲーム表示にはGeforceが適しています。

Quadoroを間違って買ってしまうとゲームも遊べないし、UnrealやUnityももっさり動作で大変な目に合います。

ゲーム系の仕事をしたい人はQuadroよりもGeforceを選んでください。

Geforceのグラフィックカードはどれを選べばいいの?

 

グラフィックカードはGeforceを選べば良いと書きましたが、Geforceのグラフィックカードにもランクが上から下まで種類があります。その分値段も高くなりますが上は10万円以上で下は1万円以内まで幅広くあります

けんすけ

高いグラフィックカードより間のグラボが1番コスパがいい

 

グラフィックカードの名前 グラフィックカード アマゾン価格
RTX2080Ti 13万円~
RTX2070 6万円〜
RTX 2060 SUPER 4万5千円~

 

 

ドスパラのサイトにはGefoceの性能数値別に表が書かれていますが、こちらを見ると最低RTX2060より上のラインを使うと今現在発売されているCGソフトや高いスペックを要求されるゲームも安定して操作する事が出来ます。

けんすけ

10万円するグラフィックカードを買わなくてもしっかり動いてくれます

 

ドスパラ グラフィクカード比較表

赤枠ラインのグラフィックカードが搭載されているパソコンだと15万円~20万円で買えるラインで値段的にもお勧めですが、この中でお買い得なのが

RTX2060SUPERです。これを買っておけば問題ありません。

ベンチマーク数値を見るとRTX2070の方が上ランクですがRTX2060SUPERと実際は性能がそこまで変わらないので、RTX2060SUPER搭載パソコンの方がお買い得なんです。

 

 

けんすけ

お金があるならRTX2070SUPER。お金が無ければRTX2060以上を購入すれば問題なく動作します。GTXシリーズは一昔前なので買わない方がいいです…

 

その他に覚えておくべきパソコンパーツ

グラフィックカードより覚える事が少ないですが、その他に脳の片隅にでも置いておきたいパーツです。

CPU パソコンの脳

CPUの種類
intel Ryzen
core i7以上を選べ場問題なし Ryzen5 3600以上を選べば問題なし

 

パソコンの基本的な脳となる部分で、レンダリングにも使う事がありますが今はグラフィックカードでレンダリング出来るのでそこまで性能の良いCPUが搭載されてなくても問題ありません。

種類はintelかRyzenがありますが最近はRyznの方が値段が安くて人気があります。

 

メモリ ソフトを動かす役割

 

16GB以上だったら問題なし

 

メモリはMAYAやフォトショップを起動している最中に割り当てられるデジタルデータの事です。

複数のソフトを起動している時に「なんだか動きが遅いなぁ」と思って使っていないソフトを落としたら動きが早くなりますが、それは俗に言う「メモリが足りない」からです。

メモリが足りないとソフトの動きが重くなったり、最悪ソフトが突然落ちたりしますが16GB以上~出来れば32GBあれば問題ありません。ほとんどのBTOパソコンは最初に16GB搭載しています。

メモリはパソコン購入時にカスタマイズオプションから32GBにすると手間賃が高くとられるので、パソコン購入後にアマゾンや楽天でメモリを購入して自分で取り付けた方がお得です。

メモリの増設はパソコンをカスタマイズする中でも1番簡単なので誰でも出来るのでチャレンジしてみてください。

HDD / SSD データ保存の役割  パソコン起動の速さ

HDD SSD
 

例えば「HDD 500GB」と書かれていたら、500GB分の中に写真、音楽、映像データを保存する事が出来ます。これが一杯になったら別売りの外付けHDDなどを購入して保存する場所を増やす事が出来ます。

そしてHDDはデータを保存するだけではなくてソフトの起動や保存にも影響があります。

SSD搭載パソコンにするとwindowsを立ち上げる時間やデータの保存時間も2倍以上早くなります。

けんすけ

他にも電源やファンなどありますが、とりあえず以上のパーツを頭に入れておけば大丈夫です

 

BTOメーカーの3DCGクリエイター向けパソコン

それぞれのBTOパソコンメーカーのクリエイター向けパソコンを紹介したいと思います。

「マウスコンピューター」 クリエイター向けBTOパソコン

けんすけ

CMでもお馴染みのマウスコンピューターは芸能人を使っているので信用性が高くて多くの企業で使われています

マウスコンピューター

乃木坂46のCMで有名なマウスコンピュータはクリエイター向けパソコンとして「DAIVモデル」が販売されています。

先ほど紹介したCGソフトに対応したパーツを組み合わされて値段もお手頃価格からハイエンドまで多種多様なユーザー向けにカスタマイズされたパソコンが多く販売されています。

国内製造で発送も早くマウスコンピューターは24時間いつでもパソコンの不良があったら電話連絡でサポートしてくれる窓口があるのでパソコンの使い方が分からない人でも安心して購入できます。もちろんmayaやフォトショップの使い方までは教えてくれないので間違えないように。

日本全国に9店舗のお店があるのでパソコンの大きさを知りたい人は実物を確認してから購入する事をお勧めします。結構でかいです

マウスコンピューターではどのパソコンを買ったらいいのか分からない人の為に1週間の間に売れた人気パソコンを教えてくれるページがありますが、人気なのはGeforce、Quadro共に13~15万円台のパソコンが売れています。パソコン購入に自信の無い人はとりえあず人気1位を買ったらいいと思いがちだけど、それは企業が売り込みたい商品をわざと1位に持ってきてる可能性もあるので、先ほど説明した15万円代で購入できるグラボがRTX2060以上のパソコンを選んでください。

そしてパソコンを購入した人の口コミや実際に配置した写真を見る事が出来るので、パソコンのサイズ感とか実際につかってどうなんだろう?という事を確認してか購入する事が出来ます。何を買うにも口コミは大切ですがマウスコンピューターの公式サイトより価格.comの方が口コミが色々書かれているので読んでみるといいかと 価格.comマウスコンピューターデスクトップパソコン製品一覧

我が家でもマウスコンピューターのDAIVをサブ機として長年使っていますが1度も故障せず愛用できています。コードを全部抜いて撮影しました

「ドスパラ」 クリエイター向けBTOパソコン

 

けんすけ

全国に22店舗のお店がある大手BTOメーカーです

ドスパラ

ドスパラではクリエイター向けパソコンとしてraytrek(レイトレック)ブランドを展開しています。

レイトレックのブランドページでは値段と性能別に見やすい表が用意されているので、お金と相談しながらどのパソコンを買えばいいのか判断しやすくなっています。

おすすめのRTX2060SUPER搭載モデルが欲しいならraytrek XVがぴったりで値段も15万9千円となっています。税込入れると16万超えてきますがそれだけの性能があるので致し方ないです

ドスパラPCも国内生産で発送が早く2020年から24時間の電話サポートが開始されました。
BTOメーカーの中でも値段が安くて注文したら次の日に到着する速さが売りです。たまに送料無料キャンペーンもやってます

ドスパラは全国に店舗数が2020年4月現在22店舗もありBTOメーカーの中ではトップのお店で多くの人に人気のパソコンショップとなっています。

ドスパラはゲーミングパソコンとしてGALLERIAシリーズを展開していますが、PUBGがやりたくて30万円越えのパソコンを趣味で購入しましたが思いのほか性能が良くてそのままメイン機として使っています 初心者の人には深く説明しないけど、ゲーミングPCとかクリエイター向けPCとかカテゴリー分けされているけどパーツが搭載されていて動いてくれるならカテゴリーなんて結局のところなんだっていいんです(笑)

 

「パソコン工房」 クリエイター向けBTOパソコン

 

けんすけ

幅広いユーザーに向けたパソコンを紹介しています

パソコン工房

パソコン工房では3DCGを制作する人向けに、「3DCG制作入門向けパソコン」から、「CAD」を使う人、MARIやサブスタンス ペインターの「3Dペイントツール」、リグやモーション制作をする「アニメータ」、Zbrushを使う「スカルプター」など細かくカテゴリー分けしてパソコンを販売しています。

初心者の「3DCG制作入門向けパソコン」は10万円で購入できる内容で売られています。値段が初心者向けなだけであって内容的にはイマイチな部分が残念だなぁと思いました。

て3DCGハードサフェースモデリングとして有名な帆足タケヒコさんがMAYAモデラー向けパソコンを触ったインタビュー記事を書いていますが、こちらのグラフィックカードはRTX上位が搭載されているので値段と性能的にも良いパソコンです。
モデリングしたくてパソコン選びに迷ってるならこれでも十分いいと思います。

 

「TSUKUMO」 クリエイター向けBTOパソコン

 

けんすけ

自分で色々とカスタマイズしてオリジナルパソコンを作れます

ツクモ電気

TSUKUMOのネット通販サイトは玄人向けで初心者の人には分かりづらい作りとなっています。なぜこう作った…。

例えばクリエイター向けパソコンのRyzen搭載モデルを見ると、お手頃価格のように見えますが、

購入する時のオプションを見ると、グラフィク機能(グラフィックカード)部分は購入時は最低設定になっていて、オプションとして自分で選ぶ必要があります。

他のBTOメーカーのクリエイター向けパソコンを適当に15万円代を買っておけばRTXシリーズのグラフィックカードが搭載されているので、そこそこ動く物が届きますが、TSUKUMOのパソコンは自分でカスタマイズしないと選ぶ事ができない仕様です…なぜこのような作りに..

初心者の人はあまり手を出さない方がいいですが、自分であれこれカスタマイズしたい人向けとなっています。悪くはないんだけど、初心者が買うのには適してないかなと

BTOショップ別 買うべきパソコンはこれ

けんすけ

4つのBTOショップ別に性能と値段でどのパソコンがお勧めなのか選んでみました。 
マウスコンピューター DAIV A9
icon
CPU Ryzen7 3700X
グラフィックカード Geforce RTX2070 SUPER
メモリ 32GB
SSD/HDD 1TB SSD
値段 204,800円+税

けんすけ

RTX2060搭載シリーズをマウスでは現在販売してなくてRTX270SUPERモデルだけが販売されていて選択の余地がないのが残念ですが、十分すぎるほど問題なく動くスペックです。
ドスパラ raytrek XV
CPU Core i7-9700
グラフィックカード Geforce RTX2060 SUPER
メモリ 16GB
SSD/HDD 512SSD / 2TB HDD
値段 159,980円+税

けんすけ

RTX2060SUPER搭載モデルで値段と性能も十分です。これから3DCG専門学校に通って勉強するなら1番おすすめしたいモデルです。
ツクモ電気  G-GEAR GA5A-D194/T
CPU Ryzen5 3600
グラフィックカード Geforce RTX2060
メモリ 16GB
SSD/HDD 240GB SSD / 1TB HDD
値段 119,800円+税 (キャンペーン時に変動あり)

けんすけ

RTXは2060と下がってしまいますが、SSDがついてて定価11万円は安いです。少しでもお金を余らせたい人におすすめできます
パソコン工房 SENSE-R039-i5K-RO
icon
CPU Core i5-9600K
グラフィックカード Geforce RTX2060
メモリ 16GB
SSD/HDD 1TB HDD
値段 126,980円+税

けんすけ

RTX2060搭載されていますがCPU性能がCorei5で、SSDが搭載されていないので後から増設する必要があります。ツクモ電気のパソコンの方が値段も安いし性能的にも上なのでお買い得です。

けんすけ

それぞれのショップを見ると似てるようで扱っているパーツが違ったり、その時やっているセールによって1万円安かったりするので 全てのサイトに目を通してから購入すると掘り出し物を購入できます

安くて性能の良いパソコンが欲しいんだけど?

けんすけ

安くて性能の良いパソコンが欲しいなら自作してください

初心者あるあるで良く聞く言葉。自分でパソコンの知識も調べずに「安くて性能の良いパソコンはどれなの?」それなー。

究極にコスパの良いパソコンを求めている人は、自作すればお店と同じ性能のパソコンを数万円安く組み立てる事が出来ます。

大抵これを言うと、尻込みします(笑)

パソコンの組み立てはYOUTUBE動画でも探せば教えてくれる動画が多数あります。

女性が1から組み立ててる動画もあるのでそこまで難しい事ではありませんが、

プラモデルのように説明書があって繋ぎ合わせれば簡単に動くものではありません。似たような型番のパーツがいくつも販売されているので間違って購入すると数万円無駄にする事もあります。

何かが原因で故障してもどのパーツがいけないのか自分で調べる事は難しいし、手間も時間も余計に掛かります。

BTOパソコンは組み立てられてる手間賃がプラスされているので値段が高いですが、保証がしっかりあるので万が一壊れても直してくれるし、24時間サポート電話があるので何かあってもパソコンのプロに聞くことが出来るメリットがあります。

プラモデルは組み立てを失敗しても数千円ですが、パソコンは何万円もするので失敗が許されません。

メインでパソコンがあってサブ機として組み立てるなら不具合があってもどこのパーツが間違っているのか比較出来たりします。1台目から自作するのは何か合った時の代償がでかすぎるのでとどまったほうが良いです。パーツを購入する手間とパーツの互換性を調べる時間が必要なので過去に1度自作してからずっとパソコンはショップで購入するようにしてますよ。その時間あるならCGソフトの機能を1つでも覚えてください。パソコンの知識増やしてもCGの技術は上がらないからね。

初心者がパソコンを購入する時まとめ

グラフィックカードはGeforce 2060以上が搭載されてて15~20万円程度で購入できるクリエイター向けパソコンを、マウスコンピュータードスパラ、 パソコン工房TSUKUMOで買ったら大体満足する操作ができると思います。

個人的にはドスパラとマウスが好きで今はこの2つの会社のデスクトップパソコンをメインに、サブ機としてmacとwindowsのノートパソコンを使っています。

けんすけ

これからパソコンを買おうと思っている人は参考にしてみてください

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です