命が危ない!コロナウイルスで命を失う前にCGデザイナーは在宅勤務で働いてください!

東京でコロナウイルスの蔓延によって政府は4月7日「緊急事態宣言」を発表しましたが、こんな状況でも会社に来いと言われてるCGデザイナーさんは今すぐに有給消化または退社してください。

実際twitterではこんな状況なのに出社してこいと言われたので退社を決意した人のツイートが拡散されていましたが、この人の決断は後々間違っていなかったと誰もが分かる事実となります。

 

緊急事態宣言とは?

一般市民は人と関わらない為に家の中で過ごして、政府は企業や施設に休業を要請して人が集まらないようにしてコロナウイルスの蔓延を防ぐ事です。

体育館、ボーリング場、ゴルフ練習場、スポーツクラブ、映画館やライブハウスや劇場、バーや個室ビデオやネットカフェや漫画喫茶にデパートやショッピングモールなどが休業する事になります。

大手企業も4月始めから在宅勤務になったり、自宅待機などそれぞれの措置をとって働く人の命を守る命令を下しています。

しかし、海外のロックダウンとは違って緊急事態宣言には法律的拘束がなくあくまで「自粛と要請」であって罰則がありません。外に出て行けないわけではないので、サラリーマンの人は会社に行くこともできます。

会社によっては、今もなお混雑している山手線に乗って会社に来る事を命じている企業があります。

もちろん病院で働いてくださっている方や、飲食店、スーパー、コンビニ、薬局、インフラ関係の人達には働いて頂かないと全ての人が生活出来なくなってしまうので、辛い中本当に感謝しかありません。

しかしですよ。CGデザイナーはパソコン1つで働ける仕事です。もちろん重たいデータをレンダリングしたり、社内ツールが使えなくなるなど不備が生じてきますが、セキュリティーの問題や家にハイスペックパソコンが無ければ、会社が負担したらいいだけの話です。パソコンを買うまでの仕事でなければ自宅待機すればいいだけなんです。

 

それなのに一方的に「出社してこい」は、「コロナウイルスに掛かってもお前の命がどうなっても知った事じゃない。」と言われているのと同じだと思います。

 

人の命が亡くなってしまうかもしれない極限の状態で、山手線の満員電車で社員を通勤させる事がどれだけ恐ろしいことかまだ理解できない自分勝手な役員や上司を持ってしまった会社は今直ぐにでも辞めるべきです。

コロナウイルスの影響で長時間自宅に一緒にいる夫婦が相手の嫌な所が見えてきて喧嘩や離婚沙汰になっている人がいますが、それと同じで離婚(退社)すればいいんです。

 

健康な体あってこその仕事です。仕事の為の命ではありません。

 

会社の中にコロナウイルスに感染した人が出たら他の社員も感染していないか検査をする事になるのでそれこそ大変な騒ぎになります。自宅待機どころの話では無くなってきます。

若い社員がいつのまにかコロナに感染して、出社を強要した役員や上司に感染して自分の命が亡くなってしまう可能性だってあるし、自分は死なないけど大切な家族や友達、恋人にうつしてしまうかもしれないんです。

世界中がコロナで危機的状況なのに、仕事どころの話ではありません。あと数週間で何万人もの人が感染して手に負えない状況が迫ってきているんです。

日本では感染者数が4月7日時点で3906人ですが、東京都だけで1123人も出ていますが、無症状で感染している人も中にはいるので数万人の人がコロナウイルスにすでに感染している可能性もあります。

今はどの企業も辛い状況だと思いますが、上層部の方は社員の命を第一に考えてリモートワークに切り替えてこの危機的状況を乗り越えて欲しいと思います。

これから就職や転職をする人が質問すべき事

これからCGデザイナーとして就職や転職を考えている人は面談時に「緊急事態宣言がだされた時に御社はどのような対応をとりましたか?」と一言聞いてください。

これだけでその企業に入るべきか、入らないべきか判断する事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です