CGデザイナーとして働くなら大手企業がいいのか、小さな会社がいいのか比較してみました。

 

以前自分が通っていたCG学校の後輩君と話した時に、「誰もがしっている大手企業のゲーム会社か、小さな会社だけど有名な人が多く働いていて技術が身につきそうな会社かどちらに行こうか迷っています」と相談をされた事がありましたが、その時にアドバイスした事をまとてみました。

 

大手企業の会社 100人以上の規模

けんすけ

自分のプライベートを大切にしながら長く働けるのが大手の魅力!しっかり寝て健康的に生活したいなら間違いなく大手企業がオススメ!

大手企業の会社に正社員として採用されると給料面や福利厚生がしっかりしていて安心して働く事が出来ます。中途で入社しようとするならかなりの実力がなければ入れませんが、新卒採用枠だからこそ入る事が簡単になります。

建物が綺麗で椅子も高級チェアなので長時間座っても腰に負担がかかりづらくて、トイレも個室が多くて常に掃除されているので綺麗。社食があったり無料で飲めるウォーターサーバーが設置されているので気持ちよく働く事が出来ます。

資金力があるのでCGソフトは常に最新バージョンが揃えられていたり、自社のモーションキャプチャースタジオに3Dスキャン技術があったりと常に最新技術を学ぶ事ができます。

今は過労死が起きないように労働環境も整備されているので無理な徹夜に残業は出来ないようになっていて、働きやすい環境が整えられています。1本のゲームを作るのに長期スパンで仕事をこなすのでスケジュールがきっちり決められています。外部の下請け会社に突然無理な発注をお願いされる事も無いのでプライベートも充実しやすく朝10時出社の夕方19時退社して無理なく働く事が出来ますが、その分スキルアップがしづらい面もあります。

多くの人が働いているので病欠だとしても周りの人がサポートしてくれて、周りの人に迷惑がそこまでかからずに休みやすいのも特徴です。

大手に入社できた事は万が一自分に合わない環境だったとしても、誰もが知る名前の会社に入れた事は評価されやすいので、その後の転職が有利になるメリットもあります。

なによりも大手企業で働いている人は多くの優秀な人が集まっているので、その人達から学べる技術や知識とコネクションは今後CGデザイナーとして働いていく上でかけがえのない物に間違いなくなります。

ココがポイント
  • 新卒枠だと入社しやすい
  • 下請けに発注するのでスケジュール管理しやすくプライベートの時間が充実
  • 新しいソフトや環境が常に用意されている
  • 無理なサービス残業や徹夜が少ない
  • 転職する時に有利
  • 福利厚生がしっかりしている
  • ボーナスがもらえる
  • 有給を所得しやすい
  • 優秀な人達と働ける

小さなCG会社 10~50人規模

けんすけ

やる事が多くて大変なのが小さな会社ですが、その分1年で2年分以上の技術が身につきフリーランスとして自由に働く環境を手に入れる事も出来ます!1人で将来的に働きたい技術を身に付けたいなら間違いなく小さな会社がオススメです!

小さな会社は雑居ビルに入っていて椅子は数千円で買えそうな腰に悪い物しか用意されずに建物が汚くてトイレも個室の数が少なくウォシュレットがついていない場合もあります。

ボロいビルで働いた時はエアコンが夏場に壊れて30度以上の環境で働かなければいけない事も過去にあり、外と変わらない環境で働く事を体験した事もあります。

人手が少ないから夜遅くまで働くのは当たり前。体力が無い人には辛くて直ぐに辞めてしまう可能性があって、人の出入りが激しくて常に人手不足の会社が多いです。

代わりの人がいないので一人一人に責任感が与えられそれぞれがプロフェッショナルとして仕事を進めなければいけません。色々な仕事を受注するのでその時々で使うソフトを覚える必要があるので色々なティストを理解して柔軟に対応する力が求められ得意な仕事だけ出来るわけではなく、「こんな事は求人に書いてなかったのにな…」と思う事もしなければいけない時があるので雑用業務も多かったりします。

しかし、家に帰る暇がないぐらい会社で働かなければいけない大変な苦労も多いですが、自分の限界を超えた仕事をやる事で技術は圧倒的につくし、歳をとってから夜遅くまで働く事は大変ですが、専門学校や大学を卒業した20代前半だったら安定した大手企業で働くよりも、小さな会社で働いて色々と大変な荒波をくぐった方が自分の血となり武器となりその後の仕事に困る事が無くなります。

時間の無い中でどうやって作業を進めるのか、焦りながら作業をして良いものができた時の達成感は、辛かった事が一気に吹き飛ぶぐらいの代え難い達成感を感じる事が出来ます。

小さくて人が少ない会社は上司や先輩から嫌われたら居心地が悪くて辛くなるし、ミスをしたら噂話は直ぐに広まり肩身の狭い思いをする事もありますが、仲良くなれば周りの人とは共に大変な時期を乗り超えたお金では買えない間柄となります。

外部の色々なお客さんと直接やりとりをする機会も増えるので、他の会社がどんな雰囲気なのか肌で直接感じる事ができるので今後の転職の候補を調べる事も出来ます。

中小企業なので大手だとボーナスが年2回ありますが、年1回もしくは売り上げによっては無い事もありますが、売り上げが良い年は忘年会でテレビやPS4などの豪華景品を経費として用意してくれる場合もあり社員旅行でハワイへ行った話を聞いた事もあります。

自分の仕事の予算も知れるので、自分が作ったモデルは一体いくらで、あの背景はいくらで作られているのか分かっているとフリーランスになった時にどのくらいの予算とスケジュールで仕事を引き受けたらいいのか知る事が出来るので、将来多くのお金を稼ぎたい人は大手よりも小さな会社で働いた方が勉強になる事が多いです。

ココがポイント
  • 中途でも入りやすい
  • 仕事を受注して働くので無理な修正や要望にも柔軟に対応する必要がある
  • 徹夜やサービス残業が多いがその分無理にでも技術が身につく
  • 会社にいる時間が長いので職場の人と仲良くなれる
  • 大変な仕事をやりきった達成感がある
  • その年の会社の売り上げによってはボーナスがもらえない場合がある
  • 有給が使いづらい
  • トイレが小さくプライベート空間が無い
  • 人が少ないので色々な仕事を任せられる
  • スケージュールや予算などフリーになってから1人で働ける力がつく
  • 人の出入りが激しくいつも人手不足

けんすけ

大きな会社も小さな会社もそれぞれメリット、デメリットがあります。大きな会社で安定して長期的に働きたいのか?それとも小さな会社でケツを叩かれながらでも技術を磨きたいのか?どちらg自分には合っているのか考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です