【自己紹介】CGデザイナー歴13年のけんすけの波乱万丈人生 4回の転職体験談

けんすけ

こんにちわ。当ブログを読んでいただきありがとうございます。管理人のけんすけです。僕が今までどうやってCGデザイナーを目指して今どのような仕事についているのか、今までの人生を書いてみました。

CGを目指すきっかけ

小学校の時に友達と一緒に映画館で見たスターウォーズとジュラシックパークに影響されて、映画の中にcgを使った仕事が世の中にある事を後に知って、自分もそんな仕事をしたいと強く思う。まさに自分がcgと出会った運命的な瞬間はこの時でした。

高校生になり貯めたお年玉で始めてツクモ電気でパソコンを購入してshadeを触るも当時のshadeはポリゴンモデリングができなくて全てカーブで作らなければいけなくてドライバーを作って挫折するも、学生時代はゲーム三昧でcgを使ったゲームを作りたいと思うようになりました。

この時ADSLが開通して海外のCG情報を色々と調べるようになりました。

CG専門学生時代

18歳で某cg専門学校に通い夏休みの期間だけバイトをしてmayaのソフトを購入。当時はすごいものが作れたと思っていましたが、今みると人様にみせれない作品でびっくりします..。

20歳 新入社員

新卒時代 プロップ 背景周りを制作するモデラー

学校からインターンで通ってお世話になった東京の小さなゲーム下請け会社に入社しました。

初任給は手取り18万円。課題だけを作って楽しかった学生時代とプロとの差に自分の力の無さを感じながらも、早く上手くなりたいと遊技機系のプロップや背景周りを作り夜遅くまで働くも、1年目はなかなか上手くならならすに土日も出社してクオリティラインをどうにかクリアする毎日でしたが、2年目から少し余裕が出来て上の人のチェックも通りやすくなり、3年目は1人で仕事を任せられる事も出てきたけど、技術や仕事が増えても給料だけは全く上がらなかったので転職を決意しました。(実際は会社を辞めると伝えたら給料を1万円あげるといわれました。)

22歳 1回目の転職 某ゲーム会社

貯金は当時20万円ぐらいしか無かったのに若気の至りで勢い余って会社を辞めたけど、丁度リーマンショック時期も被っていて1ヶ月ぐらい正社員で仕事を探すも一向にみつからずに貯金がなくなる焦りから、派遣に登録してゲーム制作会社で次の週から働ける事になりました。

時給1500円で残業も結構あったので22歳なのに手取りで月収30万円ぐらいもらえてウハウハになり人間関係も良くて仕事終わりによく会社の人と飲みに行き会社終わりの合コンで彼女が出来ました。

正直人生でこの時が1番楽しかったかもしれません(笑)

某家庭用ゲームソフトの背景周りを2年担当してソフトがリリースされポートフォリオがかなり充実してきたのと、昼夜逆転する生活に疲れたので今度は派遣から正社員になれる某大手デベロッパー会社が残業が少ないからと紹介されたので、派遣会社を通じてそちらで働く事にしました。

23歳 2回目の転職 某大手デベロッパー会社に就職

紹介予定派遣として正社員へのチャンスもある某大手デベロッパー会社に就職しました。今まで下請け会社でしか働いてこなかったですが、大手とは一体どんな働き方でどんな人がいるのか興味津々でやる気マックスでした。

ビックタイトルのオープニングに使う映像を作らせてもらったり、背景だけではなくモンスターを作らせてもらったり今まで経験した事のない仕事にも関われるようになり、周りからも評価されるようになったのでCGデザイナーとしての仕事が自分に合っているとこの時強く感じました。

「ゲーム会社はブラック企業が多い」と常々言われているし、実際2社とも夜遅くまで働くことが多かったわけですが、3社目のデベロッパー会社は納期間近以外は残業時間が1~2時間しかなく、睡眠時間も7時間以上しっかり取れる毎日で家に帰ったら趣味のゲームや自主制作をする時間が十分あったのでここの会社でずっと働けると思っていました。

しかし、突然会社の業績が右肩下がりになると多くの人が辞めていき、正社員2年目からいきなりチームリーダーに抜擢され新人教育など任されるストレスと自分の仕事のダブルワークでほぼ毎日残業でストレスだらけになり、教えていた新人君も直ぐに辞めていき悪い雰囲気の職場となったので転職をする事にしました。

この時の給料は正社員なので固定給で28万円でボーナスが年2回で1.0~1.3ぐらい出ていましたが、残業代は出ませんでした。

26歳 転職 3回目 業績不振で3ヶ月で退職

3回目はネットで調べて興味のあった某ソシャゲ制作会社に入社しましたが、入った直後にリリースされたゲームが不発だった為に業績悪化により正社員として働くはずだったのに使用期間中に3ヶ月でクビになりました。これは何か不運がついてると思ったので東京大神宮に行ってお祓いしてもらいました。

26歳 転職 4回目 某ソシャゲ会社~現在に至ります

運悪く2回も業績不振で仕事を辞めなければいけない事態となりましたが、23歳の時に出会った彼女と結婚を意識していたので、正社員として長く働ける会社に今度は慎重に会社を選び直す為にエージェントを複数登録して、面接を週に3ついれて3周間で10社と面談して企業とそこで働く人を徹底的に比較しました。(結果から言うと10社面談して7社内定をもらいました)

ポイントとしては、面接の時には直属の上司となる人が自分と相性がよさそうだと思ったのと、社内環境が良くて残業がほとんどないこと。そして過去に実績があってこれから業績が伸びそうな案件をもっていたので某ソシャゲ会社に正社員として入社で働く事に決めました。

現在の給料は38万円と過去最高ですが、毎日定時上がりで残業がほぼゼロの会社です。(もちろん納期近くなると忙しくなりますがそれでも21:30分には帰るようにしています)

有能な人が多く働いているのと、以前発売したゲームがロングヒットしているので資金と余裕が十分あるので未だに会社の規模は拡大しています。

仕事は仕様書を作ったり自分で背景やプロップ類を制作しながら量が多いと下請け会社に発注した仕事を回収して修正指示を送ったり、やることは多岐に渡ります。

自社でオリジナルコンテンツを作っているので無茶な態度を取るクライアント対応がいらないので精神的負担がほとんどなくてとても働きやすく、現在働き出して7年目になり30歳の時には付き合っていた彼女と結婚もしました。

大手企業なので人の出入りも激しいですが、一度腰をおろすと居心地がいいので長く働いてる人も多くいます。新しくて革新的なやりがいこそありませんが、それ以外ではほぼ不満がありませんが、現在作っているソシャゲ案件ががヒットしなければ暗雲が立ち込めるみたいなので、そこだけ不安ですが、今は楽しく働かせてもらっているので次に転職のことは今の所考えていません。

けんすけ

こうやって人生を振り返ると色々とあった13年でしたが、今の会社に出会えたことは本当に感謝でしかありません。業績不振で2度も傾いた会社にいた時は貯金も全然していなくて人生終わったと思いましたが、土壇場で転職したおかげでソシャゲブームはオワコンと言われ続けていますがまだまだ働きやすい環境が整っているので、待遇の良い会社で働きたい人は行ってみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です