ドラクエユアストーリー、キングダムなど超大作を手がけた映像製作会社「ピクチャーエレメント」が破産!映像会社は資金が大変

けんすけ

大手映像会社が破産するとは…!

ソースはこちら

9月18日に破産手続き決定。

62名に対して1億9400万円

資金巡りがうまくいってなかった模様。

ピクチャーエレメント社が過去に関わった先品一覧

映画
・「シャカリキ!」
・「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」
・「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」
・「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
・「映画 怪物くん」
・「宇宙兄弟」
・「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
・「図書館戦争」
・「るろうに剣心 京都大火編」
・「STAND BY ME ドラえもん」
・「寄生獣」
・「ジョーカー・ゲーム」
・「HERO」
・「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」
・「バクマン。」
・「俺物語!!」
・「エヴェレスト 神々の山嶺」
・「シン・ゴジラ」
・「何者」
・「デスノート Light up the NEW world」
・「海賊と呼ばれた男」
・「DESTINY 鎌倉ものがたり」
・「いぬやしき」
・「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」
など

 

会社は東宝スタジオ内にあり誰もが知る映画ばかりで正直日本の映画業界を牽引してきたと言っても過言ではありませんが、そんな会社が倒産しなければいけないとは正直驚きを隠しきれないです..。小さな会社よりも大きな資本力のある会社で働いた方が直ぐに倒産の危機にはならずに安定して働く事が出来ます。

 

破産手続きの原因

想定以上に制作費用が嵩んだことや、見込んでいた新規受注が中止になったこと、新規事業を見込んで大規模な投資を行ったが事業が立ち上がらなかったことで、2018年8月期で約1億円の債務超過に陥っていた。そうしたなか、支援を求めて交渉を重ねていたが奏功せず9月6日に東京地裁へ自己破産を申請し、9月18日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。

ピクチャーエレメントとは?

2011年(平成23年)9月に設立された映像制作会社。映画会社や映像制作会社を得意先に、劇場公開用の実写映画やアニメ映画、TVドラマ向けの3Dスキャン(ボディスキャン、フィールドスキャン)やモーションキャプチャーなどVFX編集(Visual Effects、視覚効果)やデータアセットマネジメント、データコンフォームなどDI業務を主力に、プロダクションサービスやロケーションサービスなどを手がけていた。

 

過去に調べてみましたが、そもそも映画というのはヒットしてもそこまでの利益になりません。まして映像会社に入るお金はさらに少なくなります。ハリウッド映画を見て育ちいつかはクレジットに名前を載せたいと思いう人が多いかもしれませんが、仕事だけでなく人として生活したいのであればスマホゲームや誰もが知る大手会社に入る事で安定したお給料をもらいながら働く事が出来るのが現状です。

少なくとも人の少ない小さな会社に入ると家に帰れないのが基本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です